in_pic.jpg

お問い合わせ

captcha

テクノロジー

勃起障害に対する新治療
低出力衝撃波療法は、非侵襲性の新しい治療法で、局部的な血管形成を促進し、陰茎の血流を大きく改善します。この技術はEDの新しい治療法として注目されています。

Renova – LSWTの代表的装置
これまでにも衝撃波を利用した治療装置は数多くありましたが、すべて衝撃波が一つの焦点に収束するものであったため、治療範囲が楕円形に形成されていました。これは、結石の治療や整形外科用に使用するには良いのですが、陰茎脚に使用する場合は、陰茎に沿って何度も衝撃波源を動かさなければならず、効率的な位置決めができないという欠点があります。

 

 

 


そこで、陰茎及び陰茎脚に最も効果的に衝撃波を当てる方法として、リニア衝撃波療法(LSWT)が開発されました。LSWTでは、従来の衝撃波治療装置とは異なり、標的に対して70㎜の治療範囲を形成するため、標的の全範囲に衝撃波を照射することができます。


長所:

  • 陰茎幹及び陰茎脚の全体に衝撃波を照射できるため、効率的な治療が行えます。
  • ハンドフリーで治療が可能であるため、術者の手間が省けます。
  • 治療が短時間であるため、患者及び術者に負担がかかりません。


従来の装置との比較

年代別装置

1世代装置(~2010

2世代装置Renova~2012

テクノロジー
衝撃波発生方式
衝撃波収束
衝撃波周波数


水中放電方式
一点
120発/分まで


電磁誘導方式
リニア
600発/分まで

アプリケーション
組織への照射
陰茎脚への照射
陰茎脚への密着
照射箇所


一点ずつ
一点
下腹部から密着
ほぼ陰茎幹


リニアに照射
リニアに照射
会陰から密着
ほぼ陰茎脚

操作
陰茎の保持
トランスデューサーの保持
治療回数
1治療あたりの衝撃波照射数
衝撃波照射時間


医師
医師
9回
1500発
12.5分以下


装置のホルダー
折り曲げ式アーム
4回
5000発
8.33分以下

インターネット

 

オプション

Off Canvas Menu